top of page

㊦-1 段落からキーワードを読み取ろう・慣用句

【1回ー1】
身近な四字熟語ですので、意味や使い方も含めて理解できると理想的です。
できれば一石二鳥などは、由来なども調べてみると面白いかもしれません。

【1回ー2・3】
1回-2の読みは基本的な漢字ばかりですので、取りこぼしなくクリアしましょう。
同時に1回-3の書きも問題なくできるといいですね。

【1回ー4・5・6・7】
1回-4・5はキーワードをそのまま抜き出す形式ですので、字数からも想像できるのではないでしょうか。
ただ、1回-6の1のように段落の内容を要約してしまうと、キーワードを含む文がそのまま載っていないことがあります。
2年生の段階では、文の内容から見つけることを優先してほしいですが、どうにも見つけられない場合には「ものやせつび」と「ことがある。」にはさまれているキーワードというヒントの出し方もあります。
1回-7は1つ1つの形式段落が短いので、それほど苦労せずにできるのではないかと思います。

【1回ー8・9・10】
体の一部を使った慣用句ですので、実際に様子や動きを再現してみると、意味もつかみやすくなることが多いのではないでしょうか。
ぜひ1つ1つ身振り手振りを交えて楽しみながら進めてみてください。
閲覧数:6回

Comments


bottom of page