top of page

㊤-8物語を楽しもう④・漢字

【8回ー1・2・3・4】
今回の「ロビンソン・クルーソー」は、船が嵐に巻き込まれたところから、見知らぬ島に打ち上げられた時の孤独な状況への展開が一気に変化する場面です。
当時の状況を想像するうえでも、臨場感を持って読み進めたいところですが、同時に情景を具体的に思い浮かべながら本文を追っていけると理想的です。
必要に応じて、一気に読み進めるばかりでなく、その時々の様子についても聞き出してあげるとより想像力が働きやすいかもしれません。

いつもながら、8回-1~3を読んで、ある程度情景やロビンソンの気持ちを想像することができたら、8回-4のワークシートを先にやってから設問を解くようにすると効果的だと思います。

【8回ー5・6】
漢字が読めること、書けることが第一歩ですが、ていねいに書くことも同時に心がけていきたいところです。
自分以外の人が見ても読みやすい字を書こうとしているかどうかは、低学年のうちにしっかりと身につけてほしいことです。

【8回ー7】
これまでの復習ですから、まずは選択肢を隠しながらやってみましょう。
余力があれば、ことわざの意味や似たことわざにまで手を広げられると理想的です。
閲覧数:3回

Comments


bottom of page