top of page

㊤-9平面図形と立体図形

【9かいー1】
⑴・⑵・⑶との共通点を探しながら、同じ模様を見つけていく問題です。
全部で24個ありますが、初めから要領よく見つけることよりも、1つずつ模様を見比べていくうちに、自分なりの見分け方のコツがつかめてくるといいですね。
そういった作業には時間を十分にかけていいと思います。

【9かいー2】
いくつ書いてもいいので、できるだけ多く書き出すようにしてみましょう。
場合によっては、保護者の方もご一緒に1つずつ答えを言い合いながら進めてみたり、ゲーム感覚でどちらが最後まで形を出せるかを競ってみたりしても面白いかもしれません。

【9かいー3】
お子さんによっては、①と⑧の底面が④と同じに見えない方がいらっしゃるかもしれません。
同じく、③・⑦・⑩の奥行きが斜めなので、⑥・⑨と同じに見えないというケースも考えられます。
ここでは、正しい分類や理由づけを求めるのではなく、お子さんが見つけた図形の特徴を言語化してみることに重点を置いていいかと思います。

【9かいー4・5】
全く異なる問題に見えますが、いずれも将来的には立体の表面積に関係がある内容です。
立体を上下・前後・左右から見るという考え方を少しずつ身につけていきましょう。

【9かいー6・7・8】
いずれも式を書いて計算するというよりは、1つずつ数えたり、図に表してみたりといった工夫をしながら解き進められるかどうかが大切です。
正解を慌てずに、じっくり時間をかけて取り組んでみましょう。
閲覧数:6回

Comentários


bottom of page