top of page

㊤-1あいさつをしよう・ひらがなを読もう・書こう

【1かいー1・2】
まずはオレンジ色部分のセリフを声に出して読んでみましょう。
⇒会話の場面を想像してふさわしいあいさつを言ってみる。(正答じゃなくてOK)
⇒最も近いものを選ぶ。
⇒ひらがなは見たままを真似して書いてみる。
※字が上手・下手よりも書こうとしたこと自体を褒めてあげる!

【1かいー3】
お子さんと一緒にいろんな読み方を試して、五十音遊びをしながら何度も読んでみましょう。
《いろんな読み方の例》
①一緒に読む(見ないで言ってみる)
②1行ずつ交互に読む
③次の行をかくして読む
④1段ずつ横に読んでみる
⑤後ろの方から・下から上になど反対から読む(大人でも難しいかも) など

【1かいー4】

もんだい1の上にヒントがありますが、ヒント以外の言葉であってもOKとして、あれこれ言葉遊びができると楽しめるかもしれません。


【1かいー5・6・7】
小さく書く字だけでなく、普通のひらがなもマスの中にバランスよく書けると理想的ですが、最低限小さく書く字の場所だけは間違えて覚えてしまわないように注意しましょう。