top of page

㊦-7 棒グラフ

【7かいー1・2】
資料の整理の仕方にはいろんな方法がありますが、今回は散らばったデータを棒グラフにすることで、見た目で大きさの違いが分かるようにするのがメインテーマです。
棒グラフにすることで、大きさの違いは一目瞭然になるますので、量の大小比較には最適なグラフということに気づけるといいですね。
また、○の数や棒の長さ比較をするときには、色鉛筆やペンで項目ごとに色分けをするのも有効な手段の1つとなりそうです。

【7かいー3・4】
表から棒グラフにしたり、集計したメモをもとに棒グラフにしてみることがテーマのページです。
ここでは、自分でかいた棒グラフをもとにしながら、大きさ比べをする問題を考えていきます。

【7かいー5】
別冊での学習となります。
まずは何度か書いたり消したりしてぴったりの金額になるように試行錯誤してみましょう
もし、なかなかうまく見つけられないようなら、1ページ目の100円、50円、10円の形をいくつか作ってみて、パズルのように並べかえるのも1つの方法だと思います。
ここでは、あれこれトライ&エラーを繰り返すことが大切ですので、根気よくやっていきましょう。

【7かい-6】
もんだい2は1つずつ関係式を作りながら、合計に必要な数字をそろえていくようにしましょう。
閲覧数:2回
bottom of page