top of page

㊦-3 説明文で知識を広げよう③

【3回ー1】
四字熟語は少しずつ覚えていきたいものですが、習っていない漢字で書かれていることも多く、2年生が日常であまり使うことはないのが実情だと思います。
できれば声に出して読むついでに、例文を考えたり、どんな状況で使われるかを伝えたりしたいところですが、市販の学習漫画などを利用して触れておくというのも手かもしれません。

【3回ー2・3】
今回は説明文は水の表面張力がテーマとなっています。
もしかすると文章を読んだだけでは、内容がやや難しく感じられるお子さんもいらっしゃるかと思います。
音読することで、内容把握ができればいいのですが、内容がすんなりと入ってこないことがあるかもしれませんので、そんな時は形式段落ごとに区切って内容をつかまえてみてはいかがでしょうか
形式段落1つ分を音読するごとに「どうなるのかな?」とか「どういうことかな?」と確認してあげると理解が深まるのではないでしょうか。
場合によっては、実験の様子を絵にかいてみるのもいいかもしれません。

【3回ー4】
対義語は知っているものから答えを書いていきましょう。
その際に、ほとんどの対義語がくっついて別の熟語になることも確認しておきましょう。

閲覧数:2回

Comments


bottom of page