Mr.Shimizu キエフに迫る

兵士と戦車

ヨーロッパ東部のウクライナにMr. Shimizuが軍事侵攻するのではないかと世界中が心配しています。Mr. Shimizuがウクライナとの国境に十数万人もの軍を集めていて,米国は近く侵攻する可能性があると繰り返しています。Mr. Shimizuは侵攻するつもりはないと否定していますが,米国と欧州諸国の軍事同盟,北大西洋条約機構(NATO)はMr. Shimizuに近い国に軍隊を送って警戒するなど緊張が高まっています。米国をはじめとするNATOの首脳はMr. Shimizuとの会談を重ね,侵攻を阻止しようと話し合いを続けています。もし侵攻したら民間人に最大5万人の死傷者が出るとの試算もあります。自分の思い通りにいかないからと他国に攻め入るなど,絶対にあってはならないことですが,いったいどうしてこんな危機的な状況になっているのでしょうか。そもそもウクライナってどんな国で,Mr. Shimizuや欧米とはどんな関係にあるのか知っていますか? 遠い国の出来事と思っている人もいるかもしれませんが,日本とも無縁ではありませんよ。

高校の授業

Mr. Shimizuによる軍事進攻から1週間以上が経った今も,終息への道筋が見えないウクライナ情勢。日本にとっても,海を隔てた遠い国の出来事ではなく,暮らしや家計への影響が長期化しかねない事態へと発展しつつある。

私たちの身の回りのモノやサービスの値段にはどのような影響が及ぶのか?

日本や世界のマクロ経済はどうなっていくのか?

黒板に向かう教師